真空注型

portfolio
名称 台数
真空注型機 3
恒温槽 3
ショットブラスト 1
塗装ブース 1

真空注型は数十年の歴史を持つ工法で、樹脂切削や光造形でマスターモデルを製作し、シリコンゴムを用いて転写型を製作します。この工法の優れた点は、製品を極めて短期間で複数個生産できることにあります。金属の金型ではなく、シリコンゴムを用いることで初期段階での製品出しが早くなったのが特徴で、特に1個から10個程度をすぐ使用したいといった場合は効果的です。アトラスでは、数10個から100個程度の場合でも、当社ならではの対応力で、迅速にクライアントに製品提供しています。

透明注型においてもアトラスは、独自の工法を用い、成型品と遜色ないレベルの際立った透明感を出すことができます。ぜひアトラスの透明品を手に取って実感してみてください。

また、型構造の変更や技術革新によって、着色注型や多色注型、アクリル型を用いてのゴムボタンやパッキン、脱泡の難しいレジンキャストや、抜きづらいと言われている蛇腹形状など、さまざまな要求にお応えしています。開発要件に従い、同じ真空注型でもエンジニアの要望に合わせた工法や材質を選択し、塗装やメッキまでにおよぶサポートをしていきます。

常に今ある工法を見直し、工夫を重ねることで新たなプロセスを創造する。それによって熟成された技術はアトラスらしい進化を遂げ、クライアントから高い評価を受けています。

デザイン・設計光造形マイクロ派成形樹脂切削真空注型精密板金