アトラス、次なるモノづくりへ Carbon M2 Printer日本上陸! アトラス、次なるモノづくりへ Carbon M2 Printer日本上陸!

最終製品として
使える部品を
生産するために
創られた3Dプリンター

これまでの3Dプリンター = 試作品づくり
Carbon M2 Printer = 製品づくり

Scroll Scroll
アトラスとの関係性
01 アトラスとの関係性 01 アトラスとの関係性

お客様へ寄り添い一歩先のサービスを提供するために… お客様へ寄り添い一歩先のサービスを提供するために…

私たちアトラスは、日本で初めて
Carbon
社とのプロダクションパートナー契約を結び
M2 Printerの製造に関するノウハウを共有し
常に最新の環境でお客様の製品づくりをサポートします。

右:Dr. Joe. DeSimone (Carbon CEO)
左:アトラス Carbon担当責任者

アトラスとの関係性
02 M2 Printerとは? 02 M2 Printerとは?

最終製品を創出する全く新しい3Dプリント技術 最終製品を創出する全く新しい3Dプリント技術

M2 Printerとは?
02 M2 Printerとは? 特徴

02 M2 Printerとは? 特徴 異なる方式を組み合わせることで生まれた3Dプリンター 異なる方式を組み合わせることで生まれた3Dプリンター

異なる方式を組み合わせることで生まれた3Dプリンター 異なる方式を組み合わせることで生まれた3Dプリンター
02 M2 Printerとは? メリット

02 M2 Printerとは? メリット M2 Printerの特徴を活かした製品開発 M2 Printerの特徴を活かした製品開発

1.最終製品が作れます。
少量からの量産化が可能 量産後も設計変更が直ぐに反映できる 最終製品検証が試作工程で完結 少量からの量産化が可能 量産後も設計変更が直ぐに反映できる 最終製品検証が試作工程で完結 閉じる 閉じる
2.金型が不要です。
デザインの自由度 商品開発から市場リリースまでの期間の短縮 金型・保守部品の保管が不要 デザインの自由度 商品開発から市場リリースまでの期間の短縮 金型・保守部品の保管が不要 閉じる 閉じる
3.付加価値の高い樹脂が
ラインナップされています。
樹脂の種類が豊富 軟質材料の加工が容易 熱硬化工程でのパーツ一体化 樹脂の種類が豊富 軟質材料の加工が容易 熱硬化工程でのパーツ一体化 閉じる 閉じる

02 M2 Printerとは? 仕様 02 M2 Printerとは? 仕様

Build Volume
189mm × 118mm × 326mm
造形物最大寸法

Printer Size
540mm × 654mm × 1734mm
本体寸法

03 実践!M2 Printer 03 実践!M2 Printer

次世代のものづくり その工程 次世代のものづくり その工程